外来048-729-7070

訪問048-779-8191

新着情報・お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ一覧

  • スタッフより
栄養豊富な食材で冬を乗り切りましょう

2018.02.16 スタッフより

今年も早いもので2月を迎えました。

1月の寒さよりも最近ではより一層厳しいものなりました。

皆様の体調はいかがでしょうか?

今回は厳しい寒い季節だからこそ栄養豊富な食材をとり

風邪に負けない身体を作る、食材をご紹介していきたいと思います。

風邪の原因の多くはウイルスです。健康な身体であるならばウイルスが侵入してきたとしても、風邪にかかることはありません。しかし免疫力が低下しているとウイルスに負けてしまい体調を崩してしまいます。そうならないために日常でできることは免疫力を高めることです。

 

免疫力を高める栄養素は2つあります。

1つ目 「ファイトケミカル

ファイトケミカルとは野菜、豆類、果物などの植物性食品の色素や辛味成分であり、植物中に存在する天然の化合物であるとされています。

免疫機能を調整し、抗酸化で健康な身体を維持します。

抗酸化とは、人間は鉄がサビてしまうことと同様に時間がたつにつれて酸化してしまいます。細胞が酸化してしまうことで病気になりやすくなります。進行を遅くする効果があります。

ファイトケミカルを多く含む食材としてはにんじん、かぼちゃなどのβカロチン。小豆・ブルーベリーなどのアントシアニン。大豆に含まれるイソフラボン。ブロッコリーのルティンなどです。

 

2つ目 「ビタミン類

ビタミンA、ビタミンCをとることにより免疫力を高める効果があります。

ビタミンAはウイルスの侵入を防ぐためにのどや鼻の粘膜を強化することにより体内への侵入を防ぐことができる栄養素です。ビタミンAにより血管の強化、気管支の粘膜の正常化に成長を促し免疫力を上げます。

ビタミンCはウイルスに対する抵抗力を高めることできます。ビタミンCには免疫力を強化するとともにウイルスを撃退して治癒を早める働きがあります。

ビタミンAを含むカロテンは緑黄色野菜に多く含まれているとされ中でも「ブロッコリー」がおすすめの食材です。なぜならばブロッコリーにはビタミンAだけではなくビタミンCも含まれています。

ビタミン類で紹介したブロッコリーには抗酸化さようもあるファイトケミカルであるルティンも含まれているのです。

 

風邪予防にはうってつけのブロッコリー。この寒い季節ならでは温かい料理にして2月、3月と乗り切ってはいかがでしょうか。

 

 

================================

ひかりクリニックでは
【土曜】【祝日】も終日診療いたします。

TEL:048-729-7070(外来受付)

★訪問診療は24時間365日対応いたします。

================================

  • スタッフより
インフルエンザの予防接種について知っておきたいこと

2018.01.17 スタッフより

こんにちは、ひかりクリニックのスタッフです。

今日はインフルエンザの予防接種について知っておきたい情報をご紹介します。

 

接種しても必ずかからなくなるわけではないのなら…

接種したことがなく不安…

などと思って接種をされない方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

簡単ではありますが予防接種についてお話させていただきます。

 

【インフルエンザのワクチンについて】

 

①効き目はいつまで?

予防接種して2~3週後~持続期間は4~5か月程度

インフルエンザのが一番流行するのは例年1月、2月がピークになっています。

11月、12月の間に済ませていただくのが一番良い時期ですのでご検討されていらっしゃるようでしたら

お早目の接種をお勧めします。

 

②効果は?

予防接種には、インフルエンザの発症を抑え、重症化・合併症を防ぐ役割があります。

インフルエンザウイルスは飛沫感染といいくしゃみや咳で感染してしまいます。

感染自体は防ぐことができないのですが、すぐさまワクチンが抗体を作り免疫を高め

症状が出る前にやっつけてくれるので、十分な予防が可能です。

また、インフルエンザの死亡原因の90%以上は合併症による肺炎となります。

インフルエンザウイルス自体での死亡はほとんどありませんが、高熱がもととなり

合併症として発症すると重篤となる急性脳症など命にかかわってしまう可能性があります。

ですので、インフル予防接種は命を守ることにもなる大切なワクチンとなります。

 

 

流行のピークを迎える前にしっかり備え、予防していきましょう。

1月ではもう間に合わないと思っているのならまだ間に合いますので

当院でお待ちしております。

お気軽に当院までご連絡ください。

 

================================

ひかりクリニックでは
【土曜】【祝日】も終日診療いたします。

TEL:048-729-7070(外来受付)

★訪問診療は24時間365日対応いたします。

================================

  • スタッフより
新年明けましておめでとうございます

2018.01.11 スタッフより

新年明けましておめでとうございます。

ひかりクリニックでは、初めてのお正月を迎えました。

 

この時期は、美味しいものがたくさんありますが、

皆さん食べ過ぎてはいませんか?

お正月は一番 脂肪がつきやすくなります。

なので、お正月のお食事について調べました。

 

 

正月太りの原因は


1、 糖質・炭水化物の多い正月料理の摂取

2、 運動不足 

 

人の体は、短期間で増えた体重は短期間で戻せるようになっているのです。

ですが、長期間放っておくと脂肪に蓄積されてしまうんだとか…

 

 

お正月に食べるおせちやお餅は、糖質と炭水化物のかたまりです。

おせちは保存が効くように、砂糖やみりん、塩が大量に使用されております。

素材そのものが太るというよりは、濃いめの味付けが太る原因となります。

 

またみんなの大好きなお餅は炭水化物です。

黄な粉やあんこで食べれば、さらに糖質をとることになります。

食べる順番にも気をつけ、食物繊維からタンパク質の順番で食べるとよいそうです。

甘い栗きんとんや黒豆はデザートとして少量にとどめましょう。

 

 

「正月太り」解消には効果的なウォーキングがおすすめです。

正しいフォームで歩くことで、高い運動効果とケガの予防にもつながります!
 

<ウォーキングの正しいフォーム>

  ・視線は遠くにして、あごは引く

  ・肩の力を抜く

  ・腕は前後に大きく振る

  ・胸を張る

  ・背筋を伸ばす

  ・ひざを伸ばす

  ・かかとから着地

  ・歩数はできるだけ広くとる

 

 

毎日意識して歩いてみましょう!

 

お正月はどうしてもおいしいものを食べすぎてしまいがちです。

食べ過ぎが続くと、胃腸に負担もかかりやすくなってしまいます。

 

・急に体重が増えた、腹囲に変化があった

・お腹の調子がよくない(胃痛・下痢)

・胸のむかつき

 

など気になる症状がございましたら、一度受診をおすすめします。

 

本年もひかりクリニックをよろしくお願いいたします。

 

================================

ひかりクリニックでは
【土曜】【祝日】も終日診療いたします。

TEL:048-729-7070

★訪問診療は24時間365日対応いたします。

================================